農地法

実家を売却  基礎知識 取引に関する規制

農地法は、農地は耕作者(農業者)が所有し「耕作者の地位の安定」と「農業生産力の増進を図る」ことを目的としています。
したがって、農地については、「売買」「貸し借り」「転用」などが規制され許可届出が必要です。

 

 

 

相続した親の家が農地を休耕してるのですが農地法は関係ありますか?

一時的に休講していても、
耕作の用に供し得る土地は農地と判断されます。
農地法のいう農地は、土地登記簿上の地目とは関係なく、
土地の現況によって、客観的に判断されます。

農地法の許可を受けないで契約したらどうなるのですか?

3年以下の懲役又は500万円以下の罰金の
罰則が適用されます。
農地法3条または5条の許可を受けない売買契約は無効です。


ページの先頭へ戻る