取引に関する規制

実家を売却  基礎知識 取引に関する規制

国土利用計画法は人口・産業の都心集中、土地などの投機取引による地価高騰、乱開発を抑制するために、取引に関する規制を法律で定めています。


取引に関する規制記事一覧

国土利用計画法

国土利用計画法は、大都市集中、投機を抑制するため、土地利用の適正化と地価の抑制を目的として定められた法律です。(1)大規模な土地取引の届出事前届出・事後届出大規模な土地取引を行おうとする場合には、契約の締結前に届出が必要となります(事前届出制)。ただし、規制区域、監視区域および注視区域に指定されていない地域においては、契約締結後2週間以内に届け出れば良いこととなっています(事後届出制)。注視区域、...

Read More
農地法

農地法は、農地は耕作者(農業者)が所有し「耕作者の地位の安定」と「農業生産力の増進を図る」ことを目的としています。したがって、農地については、「売買」「貸し借り」「転用」などが規制され許可届出が必要です。相続した親の家が農地を休耕してるのですが農地法は関係ありますか?一時的に休講していても、耕作の用に供し得る土地は農地と判断されます。農地法のいう農地は、土地登記簿上の地目とは関係なく、土地の現況に...

Read More
都市計画法

都市計画法は、都市の発展整備を図り、国土の発展と福祉の増進を目的として定められた法律です。この都市計画法に基づいて都市計画区域の指定がなされると、この計画を実行(都市計画事業の施行)するとともに、計画実行の障害を制限しなければなりません。これが都市計画制限です。都市計画の基本理念(都市計画の基本理念)第二条 都市計画は、農林漁業との健全な調和を図りつつ、健康で文化的な都市生活及び機能的な都市活動を...

Read More
ページの先頭へ戻る