都市計画法 用途地域

建築基準法2

都市計画法は、都市の発展整備を図り、国土の発展と福祉の増進を目的として定められた法律です。建築物を地域別に建築規制を行い合理的に立地させるために、用途地域が定められています。用途地域は大きく、住居系、商業系、工業系に分類され、13種類が定められています。

 

 

 

 

 

 

 

 

・第一種低層住居専用地域

 

・第二種低層住居専用地域

 

・第一種中高層住居専用地域

 

・第二種中高層住居専用地域

 

・第一種住居地域

 

・第二種住居地域

 

・準住居地域

 

・田園住居地域(2018年4月、法改正に伴い追加)

 

・近隣商業地域

 

・商業地域

 

・準工業地域

 

・工業地域

 

・工業専用地域


ページの先頭へ戻る