建築基準法

建築基準法

建築基準法の定める基準は、建築物の構造上・防火上・衛生上等の安全性を確保することを目的とした最低限基準を設けています。また、この規定は「単体規定」と「集団規定」の2つにわけられ、単体規定は、個々の敷地、建築物の衛生、安全性等の確保のための基準、集団規定は、良好な集団的建築環境の確保のための基準とし、次のような制限規定が設けられています。

 

 

 

建ぺい率による制限

 

容積率による制限

 

建築物の高さに関する制限

 

採光の確保(天空率)による緩和

 

防火に関する制限

 

道路幅員による建築制限

 

日影による制限


ページの先頭へ戻る